ジャパン・ウォーター・ガード


ジャパン・ウォーター・ガード
   トップイメージ   
        
●21世紀の環境保全と豊かな水辺を取り戻すために●
地球の水を守ろう!!
水質浄化作戦
水質浄化作戦
水質浄化技術
日本の活動
日本水キレイプロジェクト
旧芝川プロジェクト
現地見学会
設置
設置状況確認
設置後約10ヶ月
浄化施設の改修
設置後2年
事業開始イベント
事業の状況
川崎等々力釣り池
大泉町城之内公園
鎌倉市武道館
北海道釧路湿原
高崎市高崎公園
高崎市八幡霊園
高崎城址公園お濠
世界の活動
参加する

    

旧芝川再生プロジェクト供vol.1

2006年7月1日(土) 炭素繊維水質浄化工設置

 3月12日に放送された、テレビ朝日「素敵な宇宙船地球号」第420回「大都会ドブ川の奇跡〜カワセミ・メダカ〜」(旧芝川再生プロジェクト機砲、番組史上トップクラスの視聴率をとり、多くの注目を得たため第2弾が計画されました。前回行われた場所の上流側芝川水門下の本流部分約30mに、川幅半分を群馬工業高等専門学校小島昭教授による「炭素繊維浄化工」を設置し、半分を(株)フジタによる「汚泥固化法+植生」が施されました。

 今回の炭素繊維浄化工は、新しく開発された設置方法にて行われることとなり、JWGスタッフがその実作業を手伝うこととなりました。

 7月1日(土)早朝よりの激しい雨に実施が疑われましたが、7時過ぎには雨も上がり、集合時間の8時過ぎには薄日も覗く作業日和となりました。今回の作業に参加する小島教授以下、鳩ヶ谷市役所の皆さん、群馬高専学生、JWGスタッフ・ボランティア総勢約30名が集結しました。

 新しい浄化工は、通常の炭素繊維吊り下げ方式ではなく、川底部に炭素繊維織物を鋼製枠により設置し、その鋼製枠より、上部にフロートを付けたムカデ型炭素繊維浄化材を海草(コンブ)状に取付るものです。鋼製枠には、流出防止として地元川口市の地場産業である鋳物によるオモリ(約10圈砲魍藤蓋勅萇佞泙靴拭川底部の織物状炭素繊維により川底部のヘドロの分解を行い、ムカデ型炭素繊維により流水部の水質浄化を行うねらいです。

 当日の作業は、鋼製枠にムカデ型炭素繊維、鋳物製オモリを全員で取付、それを川底に設置していきます。設置場所は、川幅7〜8mにもかかわらず、水深は予想していたよりも深く、最深部で1.5m程度あり、用意した胸までの長々靴では役に立たず、覚悟を決めたJWGメンバーによる水中作業となりました。思いもよらぬ都会のドブ川に首まで浸かる難作業でしたが、全員の息のあった作業にて無事終了することができました。苦労のかいもあり、炭素繊維浄化工設置後の下流部の水質は、見るみるうちに透明度が増していきました。


 炭素繊維浄化工仕様
1.浄化水域 長さ30m×幅3m、水深:1m〜1.5m、ヘドロ50僉腺牽悪
2.炭素繊維水質浄化材 CFK-1ムカデ型 792本(フロート付)
   織物1m×1m   90枚(鋼製枠取付)


フォト・ギャラリー 〜炭素繊維水質浄化工設置〜

ここが設置場所の芝川です 浄化装置を設置する準備をします
ここが設置場所の芝川です 浄化装置を設置する準備をします
あたらしい浄化装置を下ろしています 浄化装置にムカデ炭素繊維を取り付けています。
あたらしい浄化装置を下ろしています 浄化装置にムカデ炭素繊維を取り付けています。
浄化装置を設置場所まで運んでいきます 全体の設置状況です
浄化装置を設置場所まで運んでいきます 全体の設置状況です
下流の設置状況です 上流の設置状況です
下流の設置状況です 上流の設置状況です
旧芝川の自然が回復しますように… 最後に記念撮影です
これで旧芝川の自然が回復しますように… 最後に記念撮影です


← 前へ  ・  次へ →


Copy right©JWG All rights reserved.