本文へ トップページへ ジャパン・ウォーター・ガード JWG ジャパン・ウォーター・ガード トップイメージ
●21世紀の環境保全と豊かな水辺を取り戻すために●
地球の水を守ろう!!
| HOME | 設立趣旨 |  組織概要 | 活動内容 |  水の学習室 | 会員募集 | 水質浄化作戦 | サイトマップ | リンク
水質浄化作戦
水質浄化作戦
水質浄化技術
炭素繊維水質浄化技術
炭素繊維について
炭素繊維のはたらき
水質浄化効果
水質浄化方法
MSC工法による浚渫
循環・曝気装置の設置
日本の活動
世界の活動


炭素繊維による水質浄化実験

用意するもの

炭素繊維   10リットルに対し小型のもの1〜2セット必要
水槽    お手持ちのもの(20板度)
   水槽の上を渡せる長さのもの
曝気装置    水槽用の市販のもの
活性泥汚    お近くの汚水処理場でもらえます
 *4、5はなくても可能です。

炭素繊維 水槽 曝気装置
炭素繊維 水槽 曝気装置


実験順序

水槽に汚濁した川や沼の水を入れる。
水槽の上に棒を渡し固定する。
活性汚泥を含ませた炭素繊維を棒に吊す。
水槽内に曝気装置にて空気を送る。
数時間待つときれいになる。
※活性汚泥が手に入らない場合は、自然に微生物が発生するのを待つため条件により異なりますが数日間必要です。
※曝気装置がない場合も同様に効果が遅くなります。

設置状況
設置状況

Copy right©JWG All rights reserved.